大学の卒業認定

大卒資格を持つメリット

通信制大学であっても、通学制と同様に卒業認定を得ることができます。「通信制大学を卒業しても意味がないのではないか」と不安に陥る人もいますが、心配はいりません。大学に4年以上在籍していて、なおかつ124単位以上修得していれば、大学の卒業要件を満たすことができます。そのため通信制大学であっても、要件を満たしていればれっきとした大卒資格を得られるのです。大卒資格を取得すると、様々な場面で活用できます。例えば、就職活動の場面です。応募条件に大卒資格が必須である企業があります。また、大卒資格を持っていることで給与が上がるケースもあるのです。

さらに、資格取得にも活用できます。大卒以上でなければ試験を受けられないことがあるためです。このように、大卒資格があることで、様々な場面で有利になります。

大学卒業に向けたポイント

通信制大学は、卒業するのが容易ではありません。主な原因は自学自習にあります。黙々と学習したいという人でも、全てがスムーズに進むとは限りません。応用問題や苦手な分野で行き詰まりやすくなるのです。分からないまま放置しておくと、レポートや試験で不合格になる確率が高くなってしまいます。学習がスムーズに進まなくなると、モチベーションもどんどん下がってきます。そうなると、留年や中退してしまう学生も出てくるのです。

通信制大学を卒業するためには、1人で悩みを抱え込まないことがポイントです。大学ではサポート体制が整っています。もし学習で行き詰まった場合は、素直に相談してみましょう。また、家族や友人など話しやすい人に悩みを打ち明けることも、モチベーションを保つために重要です。学習の困難を乗り越えて、大学の卒業認定を得ましょう。