普通の大学との違い

普通の大学と比べると学費が安い!

通信制大学の場合、普通の大学との違いとして挙げられるのが、学費が安く済むという点です。国の調査によると卒業までにかかる学費は国公立大学の場合、約250~300万円、私立の大学になると350~400万円程度とも言われています。一方、通信制大学の多くは国公立大学よりも学費が安い傾向にあり、100万以下の学費で卒業できる通信制大学も少なくありません。学費を安く抑えながら、専門的な勉強に取り組める点は、通信制大学の大きな特徴です。また通信制大学は一般的な大学と比べると入学しやすいと言えるでしょう。通信制大学の多くは、基本的に書類選考のみで入学する事ができます。筆記試験や面接を設けている所もありますが、一般的な大学の受験と比較すると、難易度はそれほど高くはありません。

普通の大学よりも自分のペースで勉強できる

普通の大学は一般的に、大学のキャンパスに通って様々な講義を受けますが、通信制大学の多くはインターネットを活用したオンライン授業で学習を進めて行きます。そのため時間や場所に縛られる事なく、自分のペースで学習する事が可能です。また通信制大学の場合、ハッキリとした学習スケジュールが設けられているケースは少ないので、仕事やプライベートとの両立がしやすいと言えます。勉強をしながらアルバイトや趣味などにも力を入れて取り組みたいといった学生にとっては大きなメリットに感じる事でしょう。

一方、一般的な大学と比べると通信制大学の卒業率は、低い傾向にあります。理由としては基本的に一人で勉強をするので、途中で挫折してしまう人も少なくないからです。ただ、マンツーマン体制で学生をサポートしてくれる通信制大学も存在しているので、入学前に希望する通信制大学のサポート体制などはチェックしておくと良いでしょう。